積み切りプランなら引越し料金も安くなる

引越しの積み切りプランはお得なの?

 

引越し業者の積み切りプラン

 

積み切りプランは引越し料金を少しでも安くしたくて大きな物だけ業者にお願いしたいしたい場合に利用するプランです。

 

引越し料金が格安の積み切りプランはタンスや冷蔵庫、洗濯機、食器棚など乗用車で運ぶのは難しい大型家具や電化製品を中心に運んでもらうプランです。もしそれらの荷物を積んでもトラックの荷台に余裕があればダンボールなどの小物を積んでもらうことができます。

 

積み切りプランってそんなに安いの?

1ランク小さなトラックの契約で済むので車両費は格安になります。引越し業者の作業時間も短くて済むので、積み切りプランの引っ越し料金は安くなります。

 

ただ安くなった引越し料金が自分でダンボールや小物を運ぶ労働内容に見合うかと聞かれると微妙かもしれません。力仕事をしていて体力がある人なら良いですが、デスクワーク中心の仕事をしている人にとっては過酷な作業になるでしょう。

 

ダンボールを一度に2個運べる人に対して1個しか運べないのならトータルの作業時間も倍になります。運ぶスピードも違えば、その差はもっと大きくなります。

 

引っ越しの積み切りプランの注意事項
現在のお住まいでは運んでもらう荷物の前にダンボールを置いておかないこと、運び出す通り道も確保しておかないといけません。もちろんあらかじめ運んでおいた新居についても同様です。

 

せっかく時間短縮も含めて積み切りプランを安い引越し料金で仕事を受けたのに、通り道を確保するために作業が発生してしまえば業者側のメリットは薄れます。

 

積み切りプランのデメリット

思ったほど運んでもらえなかった

積み切りプランは引越し料金が格安になるお客様と仕事が短時間で終われる引越し業者側の双方でメリットが得られる良いプランのように思えますが、実はトラブルが多く発生します。

 

営業としては少しでも仕事を取りたいので、ダンボールもほとんど運べますと若干オーバーに話します。しかし現場としては通常は最初に積みたいダンボールを最後に積まなければいけないので、スペースを有効活用できません。中には最初からたくさん積む気がないドライバーもいます。

 

営業マンの口約束と実際運んでもらえる荷物量に大きな隔たりがあれば、お客様は不満に思いクレームが発生するのが引越しの積み切りプランのデメリットです。

 

契約書に記載してもらいましょう

もし営業時、具体的にここまで荷物を載せられるという発言を聞いたのなら口約束では済まさず、契約書に記載してもらうように要求しましょう。

 

引越し料金を格安にするために積み切りプランを頼むのは相応のリスクがあることを理解してください。

 

⇒安い引越し料金はこれでできる!元引越屋が徹底解説TOPへ

 

関連コンテンツ

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

トップへ戻る