一人暮らしの単身の引越し料金を格安にする方法

一人暮らしの単身引越しを安くするにはコツがあります

 

一人暮らしの単身引越しだから料金も安いだろうと思っていたら、想像以上に高くて驚いた。こんな人いませんか?

 

たしかに一昔前に比べれば単身荷の引越し料金は随分安くなりました。しかし、それも条件が良ければの話しで、場合によっては単身の引越し料金相場はぐっと高くなります。

 

その条件とは、

  • 業者が忙しい日を指定していた
  • 引越し先が他府県の遠方だった
  • 平均的な一人暮らしよりも荷物が多かった
  • 見積もりを一社しか取らなかった

 

これらに該当すると単身引越しであっても相場より料金が高くなる場合があります。

 

業者が忙しい日を指定していた

引越しの見積もりが高すぎ

暇な日と忙しい日の差が激しい引っ越し業界では、忙しい日の引越し料金はかなり高くなります。様々な会社から単身専用プランが提供されていますが、格安に見える引越し料金も繁忙期などの忙しい時期には適用されないことが多いのです。

 

ほとんどの引越し業者は暇な時期にはかなり苦しい経営を強いられています。そういった時期はトラックやセンター維持に掛かる固定費を稼ぐために採算度外視の引越し料金ででも仕事を受け負っています。反対に忙しい時期は、赤字を取り戻すために時には2倍、3倍の見積もりも普通に出します。

 

一人暮らしの単身引越しの費用を少しでも安く抑えたいなら、忙しい時期には頼まないのが一番簡単な方法と言えます。最も忙しい3月~4月の繁忙期は避ける。それ以外の月でも月末は避け、上旬から中旬までの平日を選べば、単身の引越し料金は放っておいても格安になります。

 

もし、3月は外せないのなら、せめて下旬以外の日程を選びましょう。それだけでも出される見積もり料金は随分と安くなるはずです。

 

一人暮らしの単身引越しの料金を少しでも安くしたい時に真っ先に考えて欲しいのが日程変更です。
→引越し料金が安い暇な時期の条件とは

 

引越し先が他府県の遠方だった

引越し先が遠方

引越し先までの距離が遠いと、同じ荷物量であっても引越し料金は高くなります。だからって、新しい住まいを変更するわけにはいきません。

 

もし、遠方への長距離引越しが決まってしまったら、その分野を得意とする引越し業者を見つけて頼むのが正解です。

 

宅配便の料金が安いのも大きなトラックに大量の荷物を載せて長距離輸送に掛かるコストを抑えているからです。荷物が少ないからと軽トラで遠方まで引越しすれば、人件費や高速料金、燃料費は一件のお客様で賄うために引越し料金も高くなります。

 

引越し先から帰社する際の帰り便を見つけれなければ、輸送コストはさらに高くなります。

 

どちらかというと引越し料金は大手よりも小さな引越し屋の方が安い傾向が高いですが、転居先が遠方の場合は大手が有利に働く場合が多いです。

 

しかし、大手は広告宣伝費やブランド構築に多額の費用を使っているために、一概に引越し料金が安いとは限りません。

 

ここは、複数の引越し業者から相見積もりを取り、料金を比較するのが最も効率的な方法です。中小の中にも、両拠点に支店を持ち帰り便を確保できるような引越し業者もいます。

 

各社の引越し料金差が大きい遠方への単身引越しを安くするには特に複数業者による相見積もりが欠かせません。
→長距離の引越し料金が安い業者の見分け方

 

平均的な一人暮らしよりも荷物が多かった

荷物が多い

一人暮らしと言ってもたくさん荷物をお持ちの方はいます。引越し業者の単身専用プランはかなり少ない荷物を想定しているので、荷物が多いととたんに単身でも引越し料金は高くなります。

 

単身パックで有名なヤマトや日通はカゴ台車1台、赤帽の引越しでは軽トラ1台分が基本料金となります。たとえ一人暮らしの単身荷でも大きなソファやベッドが一つでもあると、荷物を載せるのはたちまち難しくなります。
参考:日通の単身パック

 

使っていない不用品は処分したり、リサイクルショップに売却して荷物量を減らしましょう。可能な限り荷物量を減らせれば単身引越しの費用も安く抑えることができます。
参考:親切丁寧な買取、リサイクルショップならハードオフグループ

 

見積もりを一社しか取らなかった

営業マンのやりたい放題

引越し業者にとって値引きは当たり前になっているので、最初に提示された見積もりで契約するのは損としか言いようがありません。特に一社しか見積もりを取らないとなると、相場より高い値段をとりあえず提示して様子を見ることもあります。

 

例え頼みたい引越し業者があったとしても、ライバルとなるような会社から見積もりを取って値引き交渉をすれば単身の引越し料金は安くできます。

 

一人暮らしの単身引越しの料金を安くするために複数業者の相見積もりは必須と言えます。

 

まとめ

ここまでの方法を実践できれば、単身引越しの料金は必ず安くできるはずです。しかし、中には引越し前は忙しいので業者を探すのは面倒っていう方もいるかもしれません。

 

そんな時は、たった1回の入力で最大10社から単身引越しの見積もりがもらえる引越し侍を利用してください。

 

一括見積もりサイトとして業界最大級の引越し侍なら、あなたの単身引越しを一番安い料金で運んでくれる業者もきっと見つかるはずです。

引越し侍公式サイト

>>単身の引越し料金を格安にするならこちら<<
TVやラジオCM放送中!引越し業者探しにイチオシの引越し侍。全国269社の料金を比較して、費用が最大50%安くなる


引越し侍

 

参加引越し業者(一部抜粋)
引越本部長
カンガルー引越便
はこびー引越センター
ダイウン引越センター
コウエイ引越センター
ハト引越しセンター
ジェイ・ロジコム(JRC日本引越センター)
シティ・サービス引越センター
孫悟空マークのアーク引越センター
引越し本舗
望引越センター
JRC日本引越センター
ハイ・グッド引越センター
ダイキュー運輸
ジャック引越センター
ムービングエス
ファミリー引越センター
介護・福祉の引越専門 Ny エヌワイサービス
サークルワン株式会社
引越のビッグフラッグ
スエサンの安心引越しサービス
プエブロ引越センター
ひっこしのハピモ
ファイト引越隊
ラク越―引越革命 株式会社
アイラブ引越センター
引越しのシード
引越センター丸一
アース引越サービス
引越の家電王!
ケーエー引越センター
トップランナー
まこと引越センター
イナミ引越サービス
引越のマックス
忠立引越し便
エンゼル引越サービス
ホームワーク引越サービス
プラス引越ステーション
引越まにあ
ジョイン引越ドットコム
K・S引越センター
ライフポーター
カメの引越便
リズム引越サービス
サーコム引越センター
愛商引越サービス
七福引越センター
協同組合日本引越センター
シティ引越センター

 

引越し料金を格安にする
方法はまだまだあります

関連コンテンツ

 

Twitter Facebook はてブ LINE Pocket Google+

 

トップへ戻る