引越し業者の荷造りプランを安い料金で依頼する方法

荷造りプランを依頼する時にお得な方法です

 

仕事や子育てで引越しに梱包が間に合わない人に取って、引越し業者の荷造りプランは強い味方です。

 

しかし、荷造りプランの料金は決して安くはありません。引越し業者の見積もりは、非常にざっくりいうとトラックや作業員の拘束時間で大きく変わります。

 

荷造り無しのプランなら半日で終わる現場も荷造りプランなら1日掛かりの作業となります。作業時間が伸びた分だけ引越し料金もその分だけ高くなります。

 

荷造りプランを安い料金で依頼する最も手っ取り早い方法は暇な日を選ぶことです。暇な日と忙しい日では倍くらい料金が違う引越し業者も珍しくありません。

 

つまり暇な日の荷造りプランと忙しい日の荷造り無しプランでは同じくらいの引越し料金でできる可能性も十分にあります。さら暇な日で複数の業者から相見積もりを選べば、さらなる値引きに応じてくれる会社も出てくるでしょう。

 

日程変更が難しければ、梱包してもらう範囲を少なくすることで引越し業者の作業時間を短縮できます。一口に荷造りと言っても、大変な場所とそうでも無い場所があります。

 

引越し業者が荷造りをしていて一番時間が掛かるのが台所廻りや食器棚です。食器や割れ物は一つずつクッションで包まないといけない為に時間が掛かります。しかし、台所は狭いので他の人が手伝いにも入れません。

 

一方、タンスの中身などは一瞬で梱包が終わります。引越し業者によってはタンスは中身入りでよいというところもあります。仮に重たくても引き出しを抜いて運ぶという手段もあります。

 

つまり一番大変な台所廻りや食器棚の梱包だけを引越し業者へ依頼するのです。プランとして設けている引越し業者はあまりありませんが、交渉次第で対応してくれる会社は多いはずです。

 

台所廻りや食器棚だけなら、スタッフは1名いれば事足ります。例えば午前中に営業車で梱包に入り、トラックが到着するのは昼からにすれば、トラックを一日拘束することもありません。

 

この方法ならお客様の労力は最低限で済み、なおかつ荷造りプランを安い引越し料金で頼むことができます。

 

⇒安い引越し料金はこれでできる!元引越屋が徹底解説TOPへ

 

関連コンテンツ

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

トップへ戻る