近距離の引越しで料金を安くする方法

引越し先が近距離な時に有効な方法です

 

引っ越し先が近い

新しい住まいがすぐ近くの近距離の引越しなら、少しは料金も安くなるのではと考えても不思議ではありません。移動距離が少なければ、それだけ作業時間も短縮できますし、普通に見積もりをしても近距離なら引越し料金が安い可能性は高いです。

 

引越し業者がよくやる近距離の場合の見積もり方法としては、小さなトラックによるピストン輸送(往復便)です。

 

見積もり上はトラックの大きさと台数で一定の金額が加算されていきます。しかし近距離の引越しならトラックの台数を減らしたり、小さなトラックで往復したとしても全体の作業時間には大きな影響を与えません。

 

同じ荷物量でも新居が近くてトラックのピストン輸送が可能なら、近距離の引越しとして料金も安くなる場合が多いです。

 

もし、見積もりを取った引越し業者がそのような方法を取らなかったら、こちらから提案してみても良いかもしれません。

 

近距離の引越しでも安くならなかった場合には

自分で運ぶ

ピストン輸送で車両費を節約できた近距離の引越しでも料金が予算をオーバーしてしまったら、小さな荷物やダンボールを自分で運び、引越し業者には大きな家具、家電のみを依頼して費用を安くする方法を検討してみましょう。

 

新居が同じ町内の数件先のような場合だったら台車を使って運べますし、それより遠いとしても乗用車で何度も往復できるならダンボールくらいなら自分で運べるはずです。

 

荷物量が減った分、トラックも小さくて済み、作業時間も短縮できるので引越し業者へ支払う料金はそれだけ安くなります。近距離の引っ越しで小さな荷物を自分で運べば引越し料金はその分だけ安くなります。

 

⇒安い引越し料金はこれでできる!元引越屋が徹底解説TOPへ

 

関連コンテンツ

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

トップへ戻る