引越し料金が安い暇な時期の条件とは

引越し料金が安い日をお教えします

 

引越し料金を安くするには業者が暇な時期に依頼するのが簡単で効果的な方法です。引越し業者が暇な時期がいつなのかここでは説明します。

 

まず暇な時期を知る前に、忙しい日の条件を知ってください。その条件になるべく一致しない日が暇な時期と言って良いからです。

 

引越し料金が高い忙しい日の条件

  • 3月から4月の繁忙期(シーズン)
  • 月末
  • 土日祝日などの休日
  • 大安・友引

 

3月から4月の繁忙期(シーズン)

3月から4月の繁忙期(シーズン)は高校生の卒業、大学生の卒入学や新入社員の入社、転勤などが一気に重なる時期で一年で一番引越しが多くあります。

 

引越し業者としても受けきれないほどの問い合わせがあるために、引越し料金は総じて高くなります。昨今では働き方改革や運送業者のドライバー不足により引越し難民という言葉も生まれました。

 

特に3月後半に掛けては需要はさらに高まり、引越し料金を安くするどころか、頼めるかどうかも怪しくなる時期です。もし、繁忙期の引っ越しが避けられないなら私からのアドバイスは一つだけ早めに引越し業者に連絡することだけです。

 

月末

月末は賃貸の締め日の関係もあり、どの月も忙しくなります。月初から中旬までに時期をずらせば引越しは安い料金で済ますことができるでしょう。

 

大家さんや不動産屋さんに家賃を日割りで払えないか確認してみましょう。引越し日を数か月も延期するのはどなたも難しいと思いますが、10日前後なら比較的実践しやすいと思います。

 

それだけでも引越し料金は安くしたいなら、ぜひ検討してみてください。

 

土日祝日などの休日

会社員であれば、平日に働いていることが多いので、土日や祝日などの休日は引越し業者も忙しくなります。平日の方が引越し料金は絶対的に安いのですが、ここで一点だけ注意があります。

 

実は土日に片付けを済まそうと有給を取るなら金曜日という人が多いです。実際サカイ引越センターの公式サイトで確認できるお得な引越日でも金曜日は外されています。

 

安さ狙いで平日に引越しをするなら金曜日も除外した方が良さそうです。

 

大安・友引

結婚式の日取りでも好まれる大安や友引は引越し日としても人気があります。特に地方や年配の方、新築への引っ越しでは特に好まれます。

 

他の条件よりは弱いものの、月末の休日が大安だった場合などは特に引越しが集中します。

 

 

引越し料金を安くするには日程に余裕を持たせ業者と交渉しよう

これまで紹介してきた忙しい日の条件になるべく当てはまらない日が引越し業者が暇な日と言えます。

 

暇な日と忙しい日とでは引越し料金が2割、3割も安くなることは珍しくないので、このページをご覧のあなたはできれば暇な日に引越しして欲しいです。

 

しかし、一般的に暇な日であっても全ての引越し業者のその日が暇だとは限らない場合があります。小さな引越し業者なら大きな仕事でたちまちトラックの予定が埋まってしまうこともあります。

 

暇な日狙いで引越し料金を安くしたいなら、ある程度日程の余裕を持たせて引越し業者と料金交渉をするのがおすすめの方法です。

 

各引越し業者のカレンダーを見比べればお得な日が簡単に分かります

アーク引越センター
サカイ引越センター
アリさんマークの引越社

 

⇒安い引越し料金はこれでできる!元引越屋が徹底解説TOPへ

 

関連コンテンツ

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

トップへ戻る