3月、4月の繁忙期の引越し料金って高いの?

繁忙期の引越し料金ってそんなに高いの?

 

引越しの需要が集中する3月から4月の繁忙期(シーズン)は引越し料金も高くなる傾向にあります。そうは言っても、せいぜい3割り増し5割り増し程度じゃないのって思われてませんか?

 

普通の商品がそれだけ値段が上がるとかなり高いという印象を受けます。でも引越し料金の変動幅はこんなものではありません。

 

2倍3倍は当たり前、暇な時期に10万円だった引越し料金が30万円になることもあるのです。これだけ料金差があるのは、時期により引越しの需要に大きな差があるからです。

 

参考:「払うしかない…」見積もり出したら100万円超!引っ越しできない人続出のワケ

 

繁忙期以外の通常月は少ない仕事を複数の引越し業者が取り合うので、値引き競争により引越し料金はたちまち安くなります。暇だからといって正社員を遊ばせておくわけにもいかないので、かなり安い引越し料金で受注する業者も多いのです。

 

繁忙期以外のほとんどの月が赤字という業者も珍しくなく、繁忙期で少しでも取り戻したいという思惑が働きます。この時期だけは、断らなければいけないほど問い合わせが増えるために引越し料金も格段に高くなるのです。

 

皆さんが少しでも引越し料金を安くしたいなら、まずは日程の変更が可能か検討しましょう。

 

繁忙期の中でも特に集中するのは3月後半から4月前半です。この時期を少しでも外すことで、引越し料金を安くできる可能性が高まります。3月後半と3月前半とでは込み合い方が全く違うので引越し料金のアップ率を最小限に抑えることができます。

 

日程がどうしても変更できないのなら、本当に必要な物だけその時期に運び、残りは暇な時期になってから引越しするという手もあります。

 

新居が遠いならいっそ大型家具や家電製品は買い直すという方法もあります。それくらい繁忙期の引越し料金は高いと思ってください。

 

⇒安い引越し料金はこれでできる!元引越屋が徹底解説TOPへ

 

関連コンテンツ

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

トップへ戻る