長距離の引越し料金が安い業者の見分け方

長距離引越しを安くするのに効果が高い方法です

 

長距離引越しの料金って高すぎ

長距離の引越し料金は転居先が近距離の場合と比べて見積もり料金が高くなりがちです。

 

移動距離が遠い分だけ長距離便は絶対的に引越し料金が高くなるのは仕方のないことなのですが、長距離便に力を入れている業者であれば相場より安い引越し料金で依頼できます。

 

そのような引越し業者の見分け方でまず注目して欲しいのが長距離の輸送方法です。長距離引越しにとっては燃料代、人件費、高速料金は大きなコストです。

 

例えば日通ヤマトなどの大手であれば、引越しだけでなく小口の荷物もまとめて大型車両で運ぶことができるため、これらの費用を安く抑えることができます。

 

一般的な引越し業者で言えば、混載便などの輸送方法を謳っているかどうかがそのポイントです。混載便とは、1台のトラックに複数のお客様の荷物を載せる方法で輸送コストを抑えることができます。同時にコンテナでJR貨物やフェリーなどを利用しても長距離の輸送コストを安く抑えることが可能です。
参考:コンテナのサイズ・種類 | サービスご案内(仕組みと特長) | JR貨物

 

こういったことをホームページなどに記載をしている引越し業者であれば長距離引越しに力を入れているといって問題ないでしょう。反対にチャーター便で長距離輸送をする引越し業者だとトラックのチャーター料金は当然高くなります。

 

帰り便なら長距離引越しの料金が安くなる

安くできた

長距離引越しの料金を安くするうえでもう一点注目して欲しいポイントが、転居先からの帰り便を確保できる引越し業者かどうかということです。長距離引越しの行きの便は混載便で料金を安くできても帰りが空荷であれば輸送コストは割高になります。

 

転居先にも支店があるような引越し業者であれば、帰り便を確保できる可能性も高まり往復の両方でコストダウンが図れるのです。

 

これらのポイントを見極めて長距離の引越し料金が安い業者を見つけてください。

 

よく分からないという方は、一括見積もりサイトを利用してできるだけ多くの引越し業者から見積もりをもらいましょう。きっとそんな一社が見つかるはずです。

 

引越し侍

https://hikkoshizamurai.jp/
TVやラジオCM放送中!引越し業者探しにイチオシの引越し侍。全国269社の料金を比較して、費用が最大50%安くなる


引越し侍

 

参加引越し業者(一部抜粋)
グッド引越センター
引越のセーフティサービス
引越センター アイキョー
かまがた運送店
アリさんマークの引越社
愛の引越サービス
望引越センター
ヨシダトランスポート
日本通運
ケーエー引越センター
じゅんすい引越サポート
メリー引越サービス
引越屋本舗
ことぶき配送
トムスエンタープライズ
ベスト引越サービス
アウル引越サービス
ハイ・グッド引越センター
東京なでしこ 引越事業部
ダイキュー運輸
スター引越センター
ジャパンムーブ
ダック引越センター
笑っ越しでお引越し
アイラブ引越センター
TH引越し
博多引越本舗(北九州引越本舗)
サーコム引越センター
遠州トラック しまうま引越センター
エスラインギフのスワロー引越便
ジャパンラゲージエクスプレス
ハート引越センター
引越のながとも
札幌通運の「さくらスマイル引越隊」
エコノムーブジャパン
Tmoving
アース引越サービス
ツバサ引越センター

 

 

⇒安い引越し料金はこれでできる!元引越屋が徹底解説TOPへ

 

関連コンテンツ

 

Twitter Facebook はてブ LINE

 

トップへ戻る